WK2 Project

みなさんは最近「ワクワク」することがありますか?
大人になった方は小さい頃感じていた「ワクワク感」を今でも感じていますでしょうか?
昔はよくあった高揚するような「ワクワク感」、現代の人たちは感じているのでしょうか?

かくいう私ももう何年もの長い間、「ワクワク感」から遠ざかっている気がします。

ワクワク感の源は・・・何?

「夢」

最近は夢を感じなくなってしまった。
私の場合はただ単に老けただけだと思いますが、
今の時代、子供たちもそういう傾向があると聞きます。

それではダメだと思う。
子供たちに夢を感じてもらえる行動を起こしたい。

今の時代に、ワクワクを。

それが『WK2 Project(ワクワク プロジェクト)』です。


マンガを描くのは初めて

私にはカーデザイナーを題材にした、
皆さんに見てもらいたいストーリーがたくさんあります。

どうやって表現しようか?どうやったら皆さんにワクワクしてもらえる?

文章だけで表現するのはイメージが伝わりにくいだろうし
(もともと文才もありませんが)
やっぱりマンガの方がわかりやすいだろうな・・・

そうは思ったものの・・・・・私はマンガを描いたことがない。

マンガ自体もここ数年、読んだこともない。

マンガを描いてくれる人が身近にいればお願いしたいけど、
そんな人、いません(泣)。

じゃあ、自分で描くしかないじゃん!

自分もクリエイターの端くれ。絵が全く描けないワケでは、ない。
だったら他力本願ではなく、自分でマンガを描こう!

そういってマンガを描き始めました。


構想3年、計画が動き始めて、さらに半年。

とはいえ、やっぱりマンガは難しい・・・。

本屋やネットで溢れる漫画家さんたちの溢れる才能に嫉妬し(汗)、
1ページ描いてみては自分の才能の無さに絶望し諦めかけること、数回。

やっぱりマンガは無理かな・・・と頓挫して数か月経ち、
もう一回やってみようかな・・・と再チャレンジして、また絶望。

そんなグダグダな事を3年ほど繰り返しておりました。

そんな時、友人のデザイナーからもらったアドバイス、

「とにかくやってみないと、何が起こるかわからないよ」

その言葉に後押しされて、なんとか描き始めた、第一話。

それから修正に修正を重ねて
半年後の2012年10月10日、
私の中の小さな自動車メーカー『OX-MOTORS』がネットの世界に姿を現しました。


クルマとデザイン

クルマは昔は憧れのものであり、そこには「夢」がありました。

今ではクルマは便利な道具の一つでしかなく、
特にクルマがなくてもいい、といった「クルマ離れ」が見られます。
もはや憧れの対象では、ない。

しかし、夢もまた無くなってしまったのでしょうか?

こんなクルマがあれば楽しいだろうな・・・
あんなクルマがあったら助かるなぁ・・・

クルマがもたらす夢は、未だ健在と思いたい。

そしてそのクルマに夢を吹き込む仕事がクルマのデザイン『カーデザイン』であり
それを職業にしている人が『カーデザイナー』なのです。


いろんな話がある

構想を持ち始めた3年前、私の頭の中に一人の新人カーデザイナー「あかね」が現れました。
その後、「マコト」「ゴロー」「タクミ」とどんどん仲間が増え、
いろんな事をやらかし、ドラマを作ってくれています。

その話をなんとかマンガに描き表し、順次公開していきたいと思います。
(ホント、マンガは難しいです・・・。
どなたか描いてくださる方、いらっしゃいませんか(意外とマジで)?)


『CarDiz(カーディズ)』

カーデザイナーという職業をわかりやすく解説しつつ
OX-MOTORSのカーデザイナーが織り成すドラマを描いた
ストーリー性のあるマンガです。
各話の話と、その話に関連のあるテーマで描いたおまけマンガで構成されています。


『もっと!カーディズ』

「CarDiz」では描き切れない
OX-MOTORSカーデザイナーの日常を描いたマンガです。
「CarDiz」が本編、「もっと!カーディズ」は番外編といった位置付けです。

その他
カースケッチやイラストを展示している『ギャラリー』や、
デザイナーや当サイトを見てくださっている方々の集いの場として『ウェブ会議室』など
これからどんどんコンテンツを充実させていきたいと思います。


仲良くしてください。

こんな『OX-MOTORS』ですが、
皆様に楽しんでいただいてワクワクしていただくことを夢見て活動しています。

Web拍手や投票、直接メッセージにてご意見・ご感想、
はたまた相互リンクのお誘い・・・何でもお待ちしております。
(当方とのコンタクトの仕方はこちらのページをご覧ください)

どうぞ仲良くしてください。





当サイトに記載されている漫画等の著作物は
全てフィクションです。

当サイトにおける
画像・著作物の無断転載・再配布は
禁止させていただきます。

企画・運営

OX自動車 広報部
部長
幸峰 舞蝶
(メールはコチラから)

トップページに戻ります。